大切な人とゆっくり別れる時間が作れる家族葬

葬儀と遺品の整理

ダンボール

家族や親族が亡くなった場合、遺族が葬儀や遺品整理をおこなう必要があります。葬儀や遺品整理は業者に依頼することができます。東京にはたくさんの遺品整理業者があり、不用品の処分や室内の清掃をおこなってくれます。

Read

大切な人と別れを告げる

葬儀

時代が求めるお葬式

冠婚葬祭の形式は時代によって変化するのが一般的です。地域社会の関わりが豊かであった頃の日本では葬儀には幅広い人達を招くのが一般的でしたが、現代では変化しています。生まれ育った故郷を離れて別天地で暮らしている人も少なくありませんから、そのような人達にとって魅力的な葬儀の形は家族葬です。八尾で大切な人が亡くなった場合、家族葬を選択する事によってごく限られた人達を招くことができます。家族葬では親しい身内だけが葬儀に駆けつけますので、規模の大きな斎場を借りる必要もありません。八尾で家族が故人にきちんと別れを告げたい場合も、家族葬は選択する価値が高いのです。弔問に来るお客さんの数が限定されれば、それだけ家族と故人が向き合える時間が増えます。

人間関係を考える

八尾で家族葬を行う際に最も考えたいのが、招待しない弔問のお客さんとの関係性です。後々問題が発生しないようにしたい場合、家族葬を行う前に亡くなった方が親しくしていた人達へ一筆書き送ると良いでしょう。こうしたハガキを送れば、弔電を辞退したい場合にも便利です。また家族葬を行う際は、ご遺体をどのような場所に一時保管すべきかが重要になります。自宅で故人と別れを告げたい時は葬儀社にその旨を伝えておきましょう。また家族葬でも八尾で斎場を利用することができます。自宅にご遺体を安置するスペースや設備がない場合は斎場を手配しておくことが大切です。家族葬を執り行う際も葬儀社とは関わることになりますので、密にコミュニケーションをとっておくと良いでしょう。

葬祭費用を安くする方法

線香

横浜では、定額葬儀サービスを選ぶ、複数業者から一括見積もりをとるなど、工夫すると全体の費用を抑えられます。安い業者選びでは、相場を把握し適正価格を知って割引表示を見極めること、プラン内容やスタッフの態度などを確かめ、質の悪い業者を避けることが大切です。

Read

後悔しないために

数珠

葬儀での納棺は千葉県などでも葬儀社に説明してもらいながら、湯灌から納棺まで行っていきます。生前の汚れを落とすために湯灌を行い、あの世に無事いけるように旅装束をつけていき棺に収めます。また葬儀社との打ち合わせは後悔のないように質問しながら日時や式の規模、祭壇の種類、供花、料理などを決めていきます。

Read